画材紹介

フリクションいろえんぴつ【画材紹介】

投稿日:2017年12月18日 更新日:

みなさま、こんにちは。
いつも読んでくださりありがとうございます。

今日は塗り絵に使う画材をご紹介したいと思います。

『こすると消える‐フリクションいろえんぴつ』

フリクションポールペンがすでに有名なので説明不要かもしれませんが、
フリクションとは、英語で「摩擦」「衝突」等を意味する言葉です。
こすると消える、ということなのですが摩擦熱を利用しているものなので
一定の温度を超えると消えるという感じでしょうね。

子供用の色鉛筆ですが大人の塗り絵にも使ってみようと思います。
よく消える、という利点を最大限利用できたらいいな。

中はこのような感じです。
小学生の時に使っていたそのままの。

同封の説明書です。

「上部についているラバーでこすると色がきれいに消えます」

どのくらいきれいに消えるのか…!
検証していきたいと思います。

まずこちらは普通の色鉛筆を普通の消しゴムで消したものです。
ちょっと線が残っていますね、そこそこ力を入れて消したのですが。
これが普通でしょう。

さて、いよいよフリクションいろえんぴつです。
ガシガシ塗っていきます。
色づきは若干薄めです。
淡い色合いになると思います。

先端のラバーで消すと、きれいに消えました。
消した部分には鉛筆の線は見当たりません。
さすがフリクションいろえんぴつ。
これを使えばいつ塗り間違えても大丈夫ですね!

…とは言ったものの塗り絵をしていて、消しゴムが必要な時ってあまりないですよね。
実際、私は使いません(いや、すごいやばい時は使います笑)

ですが、この綺麗に消える機能は塗り間違いを直すだけではもったいないものなのです。
というわけで今から塗っていきます!

塗るのはこちらです。
まだコロリエではご紹介していないのですが、日本ヴォーグ社さんから出版されている「森の少女の物語」の1ページ。

フリクションいろえんぴつで背景を塗ります。
みずいろ、きいろ、みどりのグラデーションにしました。

さあ、ここからが本番です。

この背景をストライプ模様にしていきます。

やり方は簡単。
定規を使ってラバー部分でこするだけです。
そうすると。

こうなります!

自然なグラデーションにしつつ、ストライプ模様を入れるって普通にやったらとても大変なんですよね。
それが、フリクションいろえんぴつを使うと簡単に綺麗に出来るのです。

今回はストライプでしたが、文字を書くことももちろん出来ます。
使い方次第で一味違った塗り絵が塗れるということです!
これで表現の仕方が広がりますね。

みなさまいかがでしたか。
フリクションいろえんぴつは子供用の色鉛筆ですが、
今回紹介した以外にも色々な使い方が出来るものだと思うので
ぜひ、大人の塗り絵にも使ってみてくださいね。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。

塗り絵ランキングに参加しています♪
いいね代わりにクリックしていただけると、励みになります♪
 にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ

-画材紹介
-, , ,

執筆者:

関連記事

ブレンダーペンシル-SANFORD-【画材紹介】

みなさま、こんにちは。 いつも読んでくださりありがとうございます。 グラデーションを簡単綺麗に! ブレンダーペンシルをご紹介したいと思います。 『ブレンダーペンシル-SANFORD-』 今回はSANF …

水彩色鉛筆-US Sense-【画材紹介】

みなさま、メリークリスマス! いつも読んでくださりありがとうございます。 今回は大人の塗り絵をもっと素敵にしたい方必見! 水彩色鉛筆をご紹介したいと思います。 『水彩色鉛筆-US Sense-』 今回 …

大人のリラックス塗り絵紹介

自律神経を整える大人のリラックスぬりえ

ランキング

ランキングに参加しています♪

ランキングタグ

クリックしていただけると励みになります♪


にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ

カテゴリー

カテゴリー

検索

気になる本や情報を検索

おすすめ記事

おすすめ記事

アーカイブ

アーカイブ

アーカイブ

Twitter

コロリエTwitter


Twitter snap widgwt

インスタ

コロリエInstagram

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.

人気検索ワード

人気検索ワード

FB

コロリエ Facebook